--/--/--    スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ranking
ranking
ranking
ranking
もっと見る

2008/03/13    KEIKO、いまだに「小室さん」


今、気になるあの人の、人生や音楽活動に影響を与えた出来事や出会いとは? 注目のアーティストに、自らのターニングポイントを語ってもらう連載「私のターニングポイント」。第29回は、3月12日リリースのシングル『春の雪』で本格的なソロ活動をスタートしたKCOの登場…

ranking
ranking
ranking
ranking
もっと見る
(以下引用)
「本当に言いたいことをわかってくれるのは小室さん」
 日本を代表する音楽ユニットglobeのボーカリスト、KEIKOによるソロプロジェクト“KCO(ケイコ)”。KEIKOとは違う新しい歌世界を提案するKCOの、本格的なソロ第1弾シングルとなる作品『春の雪』が完成。今作は、globeで220万枚を売り上げたシングル『DEPARTURES』の続編を思わせるような歌詞や世界観が興味深い。明言はされていないが、今ふうにいうアンサーソング的な楽曲に仕上がっている。

「小室さんから曲をいただいたときにビックリしたのは歌詞なんですよ。“降りつもる雪と共に”っていう言葉に驚いたんです。globeの『DEPARTURES』にも出てくる言葉ですから。でも小室さんに意味は尋ねてないんです。私はデビュー当時からなんですけど、シンガーとして歌詞の解釈は自分ですべきだって思っていて。歌詞を書かれる小室さんとは絶妙な距離を保ってるんですね。でも、私がソロでデビューするにあたって“曲をどうしよう?”ってなったとき、やっぱり小室さんに“プロデュースお願いします!”って頼んだんですよね。私は小室さんが作った音楽にこだわりたいんです。やっぱりひとつの信じたものしかやれないんですよね。私が本当に言いたいことをわかってくれるのは彼だろうと。でも、おもしろいんですよ。いまだに音楽の話になるとどうしても敬語になっちゃうんです(笑)」

「globeのおかげで、すごい修行を積ませていただいています」
 小室哲哉主宰の新人女性シンガーオーディション“EURO GROOVE NIGHT”にて発掘され、その後globeのボーカルとしてシングル『Feel Like dance』でデビュー。ファーストアルバム『globe』は440万枚ものセールスを突破。日本初となる4大ドームツアーを成功させるなど、数々の記録の渦中にいた彼女。はたしてターニングポイントとはどんな瞬間だったのだろう。

「1997年の4大ドームツアーで、金髪にしたときですね。それが私のターニングポイントだったと思います。それまで自分自身がよくわかってなかったんですよ。髪型も服装もスタイリストに任せっきりで。かといってCDジャケットには出なかったり、いろいろ模索していて。そんなとき、小室さんに金髪をすすめられて“あっ、これだ!”って思ったんです。それと、ツアー中にリリースしたセカンドアルバム『FACES PLACES』に入っている、タバコについて歌った『Anytime smokin' cigarette』っていう曲ができたときに“これが私だ!”って実感が生まれたんですね。思えばglobeのおかげで、すごい修行を積ませていただいていますよね。ぜいたくな修行ですけど(笑)」

 とはいえ、CDバブル、小室ブーム全盛時、自分を見失うようなことはなかったのだろうか?

「globeの初期って、大きな盛り上がりのなかで現実を受け入れられずに冷めていた自分もいたんです。CDが440万枚売れたってことは、自分のことを嫌いな人もたくさんいるんでしょ? って思った瞬間まであったりして。当時のインタビューでもうそは言ってないですけど、素の自分として言えない葛藤(かっとう)もたくさんあったんですよ。でも今は違いますね。今は、冷めていた自分はいませんから。どちらかといえば熱いです。そういう意味では今がいちばんのターニングポイントかもしれませんね。で、常にターニングポイントを更新し続けたいと思います。今後、髪の色を真っ黒にするのか、坊主にするのかはわかりませんけれど(笑)。自分の力でも記録に挑戦して、記憶に残るアーティストになりたいですね」
スポンサーサイト
もっと知りたい方はこちらから!

ランキングに参加してます。1日1クリック応援お願いします♪
fish

KEIKO、いまだに「小室さん」に関する最新ニュース

をもっとご覧になりたい方は、芸能・アイドルランキングをチェックしてみてください。
KEIKO、いまだに「小室さん」へのコメント大歓迎です。不適切なコメントは削除させていただく事があります。
Secret

【KEIKO、いまだに「小室さん」】

TrackBack URL
→http://newtopicsnews.blog98.fc2.com/tb.php/487-5ed16846

申し訳ありませんが、相互リンクしたいただいたサイトのみトラックバックを許可しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。