--/--/--    スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ranking
ranking
ranking
ranking
もっと見る

2008/01/24    苦情に負ける話題のCM


 08年に入ってから、テレビコマーシャルや広告ポスターの“NG”にまつわるニュースが、やたらと相次いでいる…

ranking
ranking
ranking
ranking
もっと見る
(以下引用)
●「からだ巡茶」のCM

 女優の広末涼子が〈ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後って、いつだろう〉と語り、フラフープをするCMが、不快との苦情から、今年1月に〈ブラジャーが透けるほど……〉が削除され、〈こんなに汗かいた最後って、いつだろう〉に変更された。

●「蘇民祭」のポスター

 岩手県奥州市の伝統行事「蘇民祭」のポスターに対してJR東日本が、「男性の裸に不快感を覚える客が多い」として駅構内での掲示を拒否していたことが発覚した。

●「地元伊勢の国うす焼えびせん」CM

「ベビースターラーメン」で知られる「おやつカンパニー」が、三重県限定のえびせんのテレビCMを打ち切った。不倫の男女がホテルでえびせんを楽しそうに食べるシーンが含まれ、「菓子のCMに不倫はふさわしくないのでは」とのクレームもあったという。

「半月でこんなに話題になったのは珍しい。景気の悪化で、企業も広告業界も守りに入っている証拠です」と語るのは、大手広告代理店関係者。

「全裸の大塚寧々がオッパイを靴で隠した「ホーキンス」のポスターや、細川ふみえの入浴シーンで有名な「バスロマン」、エビちゃん蛯原友里)が最後にビキニトップを脱いじゃう「アネッサ」など、キワドイCMなら過去にいくらでもあったし、景気がいい時期なら、クレームがきても、面白さが評判になるものです。でも最近は、一連の食品偽装問題や景気の停滞なども微妙に影響しているのか、消費者の意見に超敏感なのです。こう続くと、どの企業も話題性あるCMなどを控えて冒険しなくなりますよ」

「地元伊勢の国うす焼えびせん」のCMは、愛知、岐阜、三重の3県で放送されたが、届いた苦情は電話1件、メール3件の計4件。これで打ち切りとは……。

“行き過ぎだ”というのは言い過ぎか。
スポンサーサイト
もっと知りたい方はこちらから!

ランキングに参加してます。1日1クリック応援お願いします♪
fish

苦情に負ける話題のCMに関する最新ニュース

をもっとご覧になりたい方は、芸能・アイドルランキングをチェックしてみてください。
苦情に負ける話題のCMへのコメント大歓迎です。不適切なコメントは削除させていただく事があります。
Secret

【苦情に負ける話題のCM】

TrackBack URL
→http://newtopicsnews.blog98.fc2.com/tb.php/64-894e2204

申し訳ありませんが、相互リンクしたいただいたサイトのみトラックバックを許可しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。